×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チャレンジカード2005挑戦 1日目

 

2005年1月23日 前日、風呂場で盛り上がったチャレンジカードに挑戦の日である。今まで10年近くの間

志賀高原には、多いときで年20数日、少なくとも10日前後きているのに、このチャレンジカードの存在を認知して

いなかった。そして今回は初めての挑戦です。

10:00 サンバレー志賀の湯ホテルを出発。記念すべき最初のリフトは、「3.法坂第3リフト」

中の写真は、リフトを降りた所からサンバレー第3ゲレンデを望む。右の写真は、サンバレーメインゲレンデを撮影。

天気は、ご覧の通り曇り。このあと晴れ間がでるときもあったが、降雪はなし。

  

このままサンバレー第3ゲレンデを滑走して、「1.法坂第1クワッド」、「2.法坂第2ペア」のリフト小屋に向かう。2番のリフトの方が短いのであるが、

この日はスキー客が少ないためかリフトは運休中。そのため、1番と2番のスタンプを同時にくれるのであるが、わざわざ2番のみを押してもらう。

(※1番は最後までとっておくことにする)

中の写真は、サンバレーの頂上での記念写真。このあと、蓮池方面に向けて出発(右の写真)。

  

蓮池Bコースを滑走し、ジャイアント方面に向かう。下の写真は、国道を通過するためのトンネル。スキーを履いたまま通過できる。トンネルを抜けると

ホテル五郎兵衛の横に出る。そのまま道路を渡り、ジャイアント方面へ。

ジャイアントのゲレンデ下部を望む。かなりの急斜面のはずであるが、写真ではそうみえない。ジャイアントが滑りやすかったので、もう一本だけ滑っ

てから、次へ進むことにする。ジャイアントには、ペアとトリプルの2本のリフトがあるが、この日は「11.ジャイアント第1ペア」の方が運休中であった。

いつもであれば、初心者などを下山させるために動いているはずなのに。しかし、スタンプは1つ分しかもらえず、帰りに再度乗ることとする。

「12.ジャイアントトリプル」に乗車。

  

ジャイアントからは、西舘・発哺ブナ平の2つのゲレンデにアクセスできる。ジャイアントから両スキー場へは比較的容易に移動できるが、両スキー

場からジャイアントへは、カニ歩きでの登りが必要。ブナ平から勢いをつけて来る必要あり。

我々の本日の目標は、焼額と奥志賀の制覇であるので、このあたりのゲレンデは後回し。東館ゴンドラを目指し「15.発哺クワッド」に乗る。

続いて、「16.東館山ゴンドラ」に乗り、焼額と奥志賀のルートを検討。

 

東館山頂にてのスナップ。左から、看板前と寺子屋方面を望む。

 

そのまま、一の瀬ファミリーへ移動する。途中、一の瀬神社横を通り、26番降り場を通過して、一の瀬ファミリー正面ゲレンデにでる。

そこから一の瀬ダイヤモンドゲレンデを撮ったのが下の写真。

今回は、パーフェクターコースに入ろうとしたが、あいにくポール練習のためにコース閉鎖で、天狗パノラマコースを滑走して、一の瀬ダイヤモンド

へ向かう。「30.一の瀬ダイヤモンドクワッド」に乗り、山の神へ滑り降りる。ここからが本日の課題の焼額になる。焼額の手始めとして、

「38.焼額山第1高速」に乗車。(下の右の写真)

 

ここからプリンス西館に向けて滑走。途中のゲレンデの様子が、下の2枚の写真。

 

焼額は、ゲレンデ下から見て左のリフトから攻めて、奥志賀方面を目指すこととする。次に「39.焼額山第2高速」に乗車。引き続き、サウスナイ

ターコースを滑走し、「45.焼額山第4ロマンス」に乗車、同じコースを滑走して、「37.焼額山第2ゴンドラ」に乗車する。

  

いつも焼額山は、奥志賀へ行くときの通過するだけの場所であり、ほとんど滑ったことがないコースが多かった。

スーパージャイアントスラロームコースの途中で、焼額から見える風景を撮影。

  

45番のところで、「46.焼額山第5ロマンス」が運休中のため、事前にスタンプを貰う。実際に行ってみると下の写真の通り、たまたま運休中なの

ではなく、シーズン当初から運行していないリフトのようだ。そのまま、イーストナイターコースを滑走し、「40.焼額山第3高速」に乗車する。

このイーストナイターコースは、幅の広いフラットなバーンで、スキーの練習には最適なコースであることが判明。気持ち良くカービングを楽しむ。

 

40番を下車したら、左側に出て、ミドルコースを滑走し、「42.焼額山第1ロマンスB線」に乗車。A線からB線に乗り継ぎができるか不明であった

ので先に乗車してしまったのだが、焼額奥のコースへ向かうにはこのリフトしかないことが分かり、2度乗車することになる。

1回目では、オリンピックコース(中の写真)を滑走し、「41.焼額山第1ロマンスA線」へ向かう。

  

そのまま、42番に再度乗車し、焼額の右側のゲレンデに向かう。一番下の「43.焼額山第2ロマンス」に乗車する。このとき、運休中の「44.焼額

山第3ロマンス」のスタンプも同時に貰う。この焼額山第2ロマンス脇のコースは、スノーボードパーク(正式には、「ゴールドウィンテレインパーク」)に

なっており、楽しめる場所になっていた。この43番リフト小屋は、積雪のため、機能しないくらいに埋もれている。このすぐ奥は、シャトルバスの

第2ロマンスリフト乗り場だ。

そして、焼額最後のリフト(ゴンドラ)となる、「36.焼額山第1ゴンドラ」に乗車。時既に12時過ぎ、お腹も体力も弱まっている。ゴンドラの中で

甘いものを摂取する。また、このゴンドラのスタンプは、頂上のゴンドラ降り場でスタンプを押すので、後で押しても大丈夫だと思う。

 

ゴンドラを降りると奥志賀方面へ歩いていく。ここで、帰りにバスで時間短縮をとか考え、奥志賀から焼額連絡リフトである「51.奥志賀高原第7

リフト」を消化する。しかし、あとで考えると無駄なことであった。その後、第2エキスパートコースを経由して、奥志賀レストランにて昼食とする。

このとき1時半。だいぶ時間が掛かってしまった。食事中には、山の神とダイヤモンドを制覇しようとこのあとのスケジュールを確認していたが...

昼飯休憩もそこそこに(30分程度)、奥志賀制覇に向けて出発する。まずは、「48.奥志賀高原第1ペア」へ向かう。ここで、リフト小屋のおじさん

に「乗らなくてもいいよ」の一言。お言葉に甘えてこのリフトには乗らず、「49.奥志賀高原第2高速ペア」へ向かう。続いて「50.奥志賀高原第3

高速ペア」に乗車(50番の写真は撮りそこなったようです。)

  

次の目指すは、53番の第6ペアリフト。しかし、ゲレンデマップでは、奥志賀の名物「クマ落しコース」を通るルートしかない。疲労度が高まっている

このときクマ落しの上で躊躇する。が、しかたないのでほとんどシュプールのないクマ落しを滑る。

その後、53番の第6ペアリフトの上部にある今は動いていないリフト(写真左)を眺めつつ、「53.奥志賀高原第6ペア」に乗車。このとき、運休中の

「54.奥志賀高原第7リフト」のスタンプも貰う。この54番、リフト乗り場が完全に雪に埋もれており、ここもシーズンを通して運休中なのでは。

  

これで、奥志賀最後のリフト「47.奥志賀高原ゴンドラ」に乗車。これで、本日の目標を一応達成したことになる。このまま、51番に再乗車して

焼額山を目指す。

 

焼額山第1ゴンドラから焼額山第2ゴンドラ方面を望む。

かなり疲れ果てたため、山の神とダイヤモンドの制覇を諦め、サンバレーにもどることにする。ここでは、「31.一の瀬山の神第1トリプル」に乗車

し、ダイヤモンド方面へ向かう。ダイヤモンドゲレンデを滑走し、一の瀬ファミリーへ行く橋を渡る前に一度休憩。一息入れる。

一の瀬の橋を渡り、23番、24番、25番のリフト乗り場で、「24.一の瀬第2ペアA線」に乗車する。降りたら横移動をして、タンネの森を目指す。

そのままでも、西舘を超える橋に辿り着けるのだが、楽をするために「28.一の瀬第8クワッド」に乗車する。

 

そのまま、高天ヶ原を滑り降り、西舘の橋を渡り、「西館山大回転コース」を滑走する。ジャイアントで再度12番に乗車して、「11.ジャイアント第1ペア」

のスタンプを貰う。

その後、禁断のボブスレーコース(注:ここは正式なコースではありません。本来は行きに通ったトンネルを戻ります。)を通り、蓮池へ。

「7.蓮池トリプル」「6.丸池第2ペア」と乗車して、めでたくサンバレーに戻ってきました。ついでに、「5.丸池第1パラレルペアB線」

の分のスタンプを貰いました。

時間は、15時半くらいだったと思います。

 

これにてチャレンジカード2005の1日目終了です。この日は合計31個のスタンプを貰いました。

2日目は次週チャレンジです。

 

2日目へ



今シーズンのスキーはこちら

ぴなの居間お戻り下さい

ぴなのほめぱげへ