×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スプリングツアー

恒例の春のツアーである。今年はカレンダーがうまくなくて、単なる週末のスキーツアーになってしまったが、都合20名の参加。久しぶりに大勢で滑る楽しいスキーとなりました。

04年3月19日(金)

今回のツアーは人数が多く、一方免停喰らってるクラブ員がいて、困ったモノ。おいらは22時スタート組だったけどドライバーが遅れて23時頃にHIROスタート。特に渋滞もなく志賀の湯着。大広間で軽く呑んで就寝。

3月20日(祝)晴れ〜小雪

現地で合流したリピーターの子ども達がレッスンに参加。天気も良く賑やかに
今回はクラブ員(小3?)のためにポールをはった。うちのクラブでポールレッスンやるのは久しぶり。
右の写真はポールを滑る師匠の貴重な写真である。
かくいうおいらも、レッスンを抜け出して、何本かポールを滑ることに。子供用のポールセットなので、ちょこまかと大変なのだが、ついつい熱くなってしまう。

昼飯は大ジョッキや八海山が出る。よく呑んだ。天気もいいし、春スキーのキモチだよな。師匠が飲み過ぎで、docter stopならぬdaughter stopが出てましたね。

午後もポールをセットし直してレッスン。5歳児に滑らせてみましたよ。喜んで滑ってました。
1級の種目をやりました

晩飯ではそこそこ呑んでしまったのだけど、結局20時から1時間だけナイター。12本滑る。

部屋に戻ると、常連の子ども達も加わって宴会が始まっていた。うちのクラブには珍しくワインがたくさん空いた。
ピアノが上手い姉弟がいて、彼らの伴奏で大地讃頌を歌ったのだ。名曲はいつでも、どこでも良いモノである。(このリンク、音が出ます。ご注意。)

その後は、筍ニョッキ。罰ゲームは怖い話をしましたね。あとは、浴衣のヒモをつかって「あーれーーー」をやったり。これ何て言うんだろう。腰元ごっこ? これがウケたんだな5歳児に。今後、うちのクラブの名物になるかも知れない。

3月21日(日)晴れ

この日も良い天気である。今日は初めてスキーを履いた親子のレッスンを受け持つ。おかあさんは何とか曲がれるようになったのだが、娘(6歳)はダメだったなぁ。半日だけだったけど、汗だくになってしまった。

この日は、志賀全山のキャンペーンだそうで、リンゴジュース、甘酒、そして日本酒が振る舞われたのだ。よそのゲレンデでもいろいろイベントはあったようだけど、日本酒が出てくるのはサンバレーくらいである。さすが、法坂リフト、太っ腹!!

午後は検定である。ゲレンデガラガラ。おいらも前走をやりながら点数を付けて貰った。総合滑降が「つまらない。」ってんで点数が出なかったけど(汗)、中回り、小回りで稼いだので、辛うじて合格点が出た。

天気も良く、この日はさらにまったりと滑ったり、呑んだりしてスタートが遅くなったのに加えて、途中渋滞もあり、東京着は随分遅れてしまい、飯田橋でクルマを降りて、南北線の終電でやっとこ帰りましたとさ。

【データ】

滑走日 :04年3月20〜21日(シーズン通算滑走日数26日)
ゲレンデ:志賀・サンバレー
ゲレ食 :

【おこづかい帳】

ツアー費 :30、000円(1.5泊3食、宴会代、交通費)
リフト代 : 7,200円(スーパー10の2日分)
計    37,200円


シーズン累計:436,990円

自宅〜集合場所への交通費、昼食代は、昨年、算入しまししたが、今年はやめました。


スキーのページに戻る

ぴなのほめぱげへ